プロモーション動画制作専門【ラクラク動画堂】

【仕事術】大きな成果を生み出すためには「短時間」が大切!

9月4日に「短時間で成果を出すスゴイ集中力」と言う本を出版させて頂きました。

本書の補足となりますが、集中力を必要とする意味を掘り下げて紹介したいと思います。

 

大きな成果を生み出す秘訣は「集中力」であり、できるだけ時間をかけないことです。

なぜ「短時間」が効率的なのか?を紹介します。

 

 

【9/4に新刊が出ました!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

 

2020年9月4日発売!Amazon・全国の書店で好評発売中! 

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

 

剣術の世界には「一刀両断」と言う言葉があります。

何度も切り刻むのでは無く、たった一振りの元に切り裂くと言う意味があります。

これはまさに「集中力」のなせる技と言っても良いでしょう。

 

料理でも言われますが、無駄に手間をかけるよりも、短時間で仕上げる方が最高のものに仕上がります。

(※手間暇をかけてじっくり行う料理のことではありません!)

 

これがベストだと決めたら、「集中して短時間で処理する」事が良いと言う意味です。

 

 

仕事やタスクに都度迷いを生じながら進めていると、必ず「後戻り」が生じます。

これでは一向に前に向かって進む事ができず、ゴールするまでに必要以上の時間を要します。

 

雑念が湧くたびに理想のゴールを見失い、今行うべき事を躊躇していては、いつまで経っても仕事が終わりません。

作業前にはっきりとしたゴールを設定したら、全意識を目の前のタスクに集中し、一心不乱にゴールに向かう事。

これが最短であり、最高のパフォーマンスを発揮する秘訣です。

 

 

先ずは、目の前にある仕事やタスクに集中し、理想的なゴールをリアルに思い浮かべます。

そのあとは作業に不要なものを排除し、徹底的にタスクのみに意識を集中させます。

あとは一心不乱にタスクに集中するだけです。

 

集中すればするほど、短時間でタスクは片付き、結果として良いものが出来上がります。

 

短時間で処理する事が良いのでは無く、集中すればするほどに結果として短時間に仕上がります。

これがまさに「集中力」のすごさ!

 

難しいタスクであればあるほど、できるだけ「短時間で片付ける」と言う意思を持って臨んでください。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

お得情報発信の【LINE登録】はこちら!

↓↓↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA