プロモーション動画制作専門【ラクラク動画堂】

【訴求効果】「伝える」と言うことの本質とは何か?

「伝える」と言うことは簡単そうに見えて、実は難しいものです。

 

伝える側は「伝えたつもり」ですが、受け取り側は「不明確な情報」のまま受け取っていることも少なくありません。

 

意思疎通できるくらいに仲の良い関係であれば「聞き直し」「詳細を再度聞く」と言うこともかのうですが、上司と部下の関係、クラインアントからの依頼であれば何度も聞き直すのは失礼です。

 

どうすれば上手に意思を伝えることが出来るのでしょうか?

今回は「伝えることの本質」についてお話したいと思います。

 

【9/3に新刊が出ます!】

常に仕事に振り回されていませんか?

いつも時間に追われていませんか?

 

「超集中力を手に入れて時間を有効活用するスキルを身につけよう!」

2020年9月3日発売!Amazonで予約受付中!

↓ ↓ ↓(青文字を押すとリンクが開きます!)

短時間で成果を出すスゴイ集中力

 

そもそも「伝える」行為とは何でしょう?

目的は「言葉を渡す」と言うことではなく、「意思」「意図」を正しく伝達する事です。

 

つまり、話し手の意思が受け取り側に正しく伝わらない限り、「伝える」と言う本質からズレてしまっています。

 

言葉は料理と似ていて、素人でも使うことができます。

しかし親しい関係内の日常的な会話と異なり、仕事の話や依頼の会話は「正しく伝える」ことが非常に重要です。

 

「食べられたらなんでもOK」と言う料理ではなく、おもてなしの食事にはプロのシェフの料理が必要です。

 

言葉も同じように、多くの人は「使いこなせる」「話せる」と言う思い込みを持っています。

 

つい「専門用語」「業界用語」を使っていませんか?

もっとも相手に伝わらない言葉が「専門用語」「業界用語」です。

 

その他に「省略した言葉」や、意味不明な「ヤバッ」と言う流行語です。

何を見ても「ヤバッ」と言う人がいますが、これでは言葉のキャッチボールができません。

 

意味不明なまま会話を閉ざされてしまうので、相手は非常に不愉快です。

「ヤバッ」や流行の言葉を多用する人は要注意です!

 

 

ビジネスで利用される「名刺」は、渡した瞬間に相手のものです。

その場で破り捨てようが、燃やしてしまおうが本来は自由です(マナー違反ですが)。

 

言葉も同じように、発した瞬間に相手のものになります。

つまり、受け取った側がどう感じるかが大切です。

 

受け取った人が理解できるような言葉に変換し、わかりやすく丁寧に伝えなければいけません。

「伝えたい思い」が強すぎて、自分の主張ばかりの言葉も良いとは言えません。

 

受け取り側の気持ちの動き、理解度、感じる強さをしっかりと考慮しながら、「伝える」と言うことの本質をしっかりと考えて発言をしましょう。

人を動かす「伝え方テクニック」もたくさんありますが、テクニックは所詮長続きはしません。

 

しっかりと本質を見直し、訴求する必要があります。

コピー作成や文章力強化には「伝えることの本質」が重要です。

 

今回は以上です、ご清覧ありがとうございました。

 

【オンラインセミナー開催中!!】

見込み客をカンタンにザクザク集める集客ライティング講座!入門編

 

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

お得情報発信の【LINE登録】はこちら!

↓↓↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA