プロモーション動画制作専門【ラクラク動画堂】

【なぜ伝わらない??】説明上手と説明下手の差はココだ!

世の中には「話の上手な人」と「そうでない人」が居ます。

同じ説明をさせても「伝わる人」と「そうでない人」が居ます。

 

この差はなんでしょうか?

同じテーマについて語っているにも関わらず、相手の心が動いたり、全く動かなかったり。

上手に相手に伝える力について見ていきたいと思います。

 

【弊社オンラインセミナーの案内】

 

私自身、決して流暢に滑舌良く話ができる人間ではありません。

仕事柄、人前に立つこともありますが、話の上手な先生や講師の方はゴマンと存在するでしょう。

 

講義やセミナーを聞いていても、話がよくわかる先生と、そうでない先生がいます。

楽しい時間はあっという間に過ぎるのですが、説明下手の先生に当たると苦痛の時間でしかありません。

あなたもそんな経験ありませんか???退屈極まりない講義を受けたような記憶が。

 

 

口で説明する場合も、文章で説明する場合も、基本は同じです。

話が上手なら口で、作文が得意なら文章で説明するのがベターです。

自分に合った説明の仕方を選択しましょう。

 

説明が下手な人の特徴は…

・専門用語が多い、知らない言葉が多い

・話が難しい、表現が難しい

・漢字や熟語が多い

・支離滅裂で話のゴールが分からない

・一度に伝える情報が多過ぎる等々

 

滑舌が悪い、文章が下手という以前に、伝える相手のことを無視して強引に伝えているからダメなのです。

 

 

伝える方は内容を熟知しているでしょうが、聞く方は全く内容を知りません。

一度に大量の情報を与えても、脳が消化不良を起こします。

ですから、話のテーマは1つに絞ることが肝心。

欲張って「あれも」「これも」を入れないこと。

 

また、「わかりやすく」「簡潔に」「起承転結で」「話のゴールは何か」をしっかりと訴求しましょう。

話の伝わらない人ほど、難しい表現や専門用語が多く、話が堂々巡りし、且つ情報量が多過ぎます。

 

この点を気をつけるだけで、相手に上手に伝わるようになりますよ!

特に講師やセールストークでは重要です。

 

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

お得情報発信の【LINE登録】はこちら!

↓↓↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA