プロモーション動画制作専門【ラクラク動画堂】

【効果的な仕事術】疲れを上手に解消して、集中力を高めよう!

今回は「効果的な仕事術」として、集中を持続させるコツをお教えします。

 

「仕事疲れ」に「人間関係による疲れ」、そして「運動疲れ」など、「疲れ」には色々な種類があります。

しかし実はすべての「疲労」は、脳の疲れが原因であると言われます。

 

仕事や運動、メンタルの悩みは一見すると別物に見えますが、実は「ストレス情報」として脳が受け取って判断して招いた疲労です。

 

 

【弊社オンラインセミナーの案内】

 

 

 

強いストレス状態が続くと、脳内の処理が急激に増加し、活性酸素が大量に発生して脳本来の働きができなくなります。

この状態の時に脳は「疲れた」と言うサインを体全体に送り、結果として体の「疲労感」へと繋がります。

 

つまり、疲れない体にするは、脳を疲れさせない工夫が必要です。

疲れをコントロールできれば、集中力の持続も可能です。

 

 

疲れを感じたら必ず「休憩」を取りましょう。

どれだけ頑張っても人間の集中が続く時間は45〜60分が限界です。

「疲れた」「飽きた」と言う感覚が芽生えたら、早めの休憩が効果的です。

 

休憩の中でも、脳の疲労回復には「睡眠」が最も効果的です。

仮眠でも十分なので、短時間休める時間があるなら「睡眠」を確保しましょう。

 

ただし、あまり長時間の仮眠を取ると、体温が低下し過ぎて逆に集中できなくなります。

15分〜30分程度の仮眠が最も効果的です。

また、アイマスクや耳栓を併用して、完全に休息モードで仮眠しましょう。

 

 

パソコン作業に集中し続けると、脳の一部が過剰に酷使されます。

当然ですが脳だけでなく、眼精疲労も極限まで高まります。

この場合の休憩方法には「軽い運動」も効果があります。

 

その他に疲労軽減として、「瞑想」もオススメです。

疲労回復だけでなく、集中力の増加にもつながるので「瞑想」は効果的。

 

また、疲労軽減の面白い対策としては、立った状態で仕事することも良いでしょう。

とは言え、立ち放しは疲れますから、座っている時間と立っている時間を交互に混ぜると良いでしょう。

 

適度な休憩を上手に活用して、長時間の集中できる環境を作りましょう。

 

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

お得情報発信の【LINE登録】はこちら!

↓↓↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA