プロモーション動画制作専門【ラクラク動画堂】

【ここが重要!】動画だけでなく「訴求」のポイント?!

GWも明け、本格的に仕事の始まった方もいれば、未だに自宅にて自粛の人も多くいるでしょう。

先日、用事で外出をしましたが、電車も街中もガラガラでした。

 

しかし確実に自粛の効果が現れてきています。

もう少し!みんなで協力しながら頑張って苦難を乗り越えましょう!

 

 

今回は「訴求のポイント」についてお話しします。

自宅で在宅ワークを実施している人もいれば、今までできなかった集客手法に挑戦されている方も多くいらっしゃるでしょう。

 

現在主流となりつつあるのが「動画集客」ですが、実は「動画」も「HP」も「ブログ」も「チラシ」も、大切なポイントは全て同じです。

単に動画に注目が集まっているだけで、今でもチラシは効果を発揮します。

無理に苦手な動画に挑戦せずとも、経験のある分野から挑戦すると良いでしょう。

 

 

どの分野で「集客」を攻めても構いませんが、共通する重要ポイントを抑えないと何をやっても効果が出ません。

「誰に」「何を」「どのように」伝えるのかと言うことをバイト 「訴求」と言いますが、この「訴求」のポイントがずれているとどの媒体を使っても効果が出ません。

 

逆に「訴求」のポイントを抑えていると、どんな媒体でもしっかりとした効果が出せるようになります。

 

「訴求」に関しては数回に分けてお伝えしようと思いますが、今回は「キャッチ」について簡単に説明します。

「キャッチ」とまさにつかみの部分であり、目を引くために最も重要なポイントです。

動画でもチラシでも必ず何かしらの「キャッチ」が使われますが、気を付けたいポイントは…

 

・文字のフォント

・文字の大きさ

・文字の色

・文字の数

の4項目です。

これが全てではありませんが、最低限押さえておいてください。

 

 

特にキャッチに利用するフォントは、出来るだけ太くて目立つものが理想的です。

「HGP創英角ゴシックUB」や「ヒラギノ角ゴStdN」と言ったインパクトのあるフォントが理想的です。

 

そしてメッセージの内容がポジティブな場合は「青色」、ネガティブな場合は「赤色」を利用します。

これは信号の色と同じで、青はGoサイン、赤はStopサインを表します。

赤の方が目立ちますが、「危険」や「停止」を促す色になるのでポジティブメッセージには利用しなようにしましょう。

 

また、キャッチの文字数は13文字以下にしましょう。

長い文字は瞬間的に脳が理解できないので、キャッチが滑ってしまうと動画もチラシも全く反応が得られらせん。

徹底して13文字以下でインパクトのあるのキャッチを作成しましょう。

 

訴求の最も大切な第一関門が「キャッチ」です。

キャッチが読まれない限りは、動画の再生もチラシの反応も全くありません。

これではいくらSEOを効かせても意味がありませんので、しっかりとキャッチは作り込みしましょう。

 

「訴求」の方法に関しては今後も順次配信して参ります。

楽しみのお待ちください。

 

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

お得情報発信の【LINE登録】はこちら!

↓↓↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA