教室・スクール・サロン向けプロモーション動画制作専門【ラクラク動画堂】

目標達成の秘訣は「〇〇を決める」こと!!

成功の法則や目標達成の秘訣を案内した言葉や書籍はたくさん溢れています。

にも関わらず、成功する人が急増しないのはなぜでしょうか??

 

そもそも「目的」や「目標」とは何でしょうか?

 

決めた目標を達成する為に必要なものは、実は言葉にするのは非常に簡単なものです。

しかし、言葉だけでは理解できない奥深さを持っています。

 

今回は、成功に欠かせない大事な秘訣についてお話します。

 

 

経営の神様との異名も持つ、パナソニックの創始者・松下幸之助翁。

体が弱い、お金がない、学歴がないと、3重苦からの出発にも関わらず、世界的な企業を作り上げました。

彼の偉業は誰にでも成せるような生半可なものでは無いことはご存知でしょう。

 

しかし、「松下幸之助が今の時代に電球を売っても、お金持ちにはならない」と言う人がいます。

本当にそうでしょうか??

 

私はそうは思いません。

彼ならば、今の時代でも電球を売って大きな企業を作り上げたことでしょう。

 

なぜそう言い切れるのか??

それが今回の目標達成の秘訣と関係しています。

 

 

では、目標を達成する力とは、何でしょうか??

それは、実は「覚悟を決めること」です。

多くの人は、できない面や不可能なことを探しがちです

今の時代に電球を売る…と言われると、無理な面を探してしまいます。

 

しかし、時代を変えてきた賢者や偉人は、思想や物の見方そのものがまるで違います。

今の時代においても、どうすれば電球が売れるのか?の方法を真剣に考え抜きます。

 

先ずは「不可能である」と言う悲観的な面から物事を見ず、可能性のあることを探します。

そしてその可能性を見つけた後は、「やる!!」と言う強い信念に基づき、目標達成の「覚悟」を決めます。

 

決死の覚悟の目標が、達成できるか?否か?は、結果を見るより明らかですよね?

そう、今の時代においても、松下幸之助氏は必ず電球を売って、大きな会社を作り出すでしょう。

 

この覚悟は、偉人でなくても可能です。

それはまさに、目標達成の秘訣である「覚悟を決める」ことだけです。

言葉で言うのは簡単ですが、この覚悟が実は難しい!!

 

いきなり大きな挑戦は、人間にはできません。

普段から「挑戦する」と言う習慣がないと、大きな覚悟を決めることも挑戦することもできません。

 

 

そこでまず、普段の習慣として「決断する」「覚悟を決める」事を常習化する必要性があります。

その為の訓練を、日常から行いましょう。

 

どんなことでも「攻める」「挑戦する」と覚悟を決めたら、保守的な思想は全て捨てましょう。

AとBを選択する場合、自ら責任を持って覚悟を決めて、どちらかを選択しましょう。

「覚悟を決めて」その道を歩めば、自然に前に進む力を手に入れることができます。

 

これは簡単な日常生活から始めてください。

お弁当を買いに行って、A弁当とB弁当に迷っても、覚悟を決めるのです。

この繰り返しが、大きな決断の時に役に立ちます。

 

 

覚悟を決めたら、次は目標達成に向けたやる気を出して進むことです。

とは言え人間は誰しも、ちょっとした壁に当たるとやる気を削がれる生き物です。

そんな時は「やる気の出し方」の3ステップを活用しましょう。

 

そもそも「やる気」が出ない理由は…

① 心や体が疲れている
② 悩み、考えごとが多く、気が集中しない
③ やりたくない気持ちが大きい、やりたいと思わない

ではないでしょうか??

 

 

では逆に、やる気はこのようにすれば出るはずです!!

 

①まずセルフケア

当たり前ですが、体が疲労しきっていては、メンタル的にも向上はあり得ません。

まず健康第一!!

その為には、しっかり睡眠を取り、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

さらに適度な運動を取り入れて、健康であることに重点を置きましょう。

 

②頭の中を整理する

堂々巡りとは、頭の中で思考がぐるぐると回り続ける悪循環のことです。

思考がまとまらず、何をするべきか?の思考が混乱した状態です。

 

この状態を回避するには、ToDoリストを活用して、 やらなければならないことと、やりたいことを整理しましょう。

この時に重要なことは、紙に書き出すことと、優先順位をつけることです。

 

紙に書き出すことにより、脳を整理させて活性化させる効果があります。

優先順位をつけることにより、問題を解決しやすくなる効果があります。

 

③先ずは最初の一歩を踏み出す

完璧を求めるあまり、何もできないのは最悪の結果です。

先ずは一歩目を踏み出すことが重要です。

企画書を作成するなら「表紙だけ作る」と言った行為で十分です。

 

一歩を踏み出せば、2歩目3歩目は難しい問題ではありません。

いきなり10歩100歩を目指すのではなく、1歩で良いのでまず実践しましょう。

 

これらの3つがやる気の出す秘訣であり、スタートさせることができれば目標達成に向けて動き出すことができます。

 

さあ、今日から「出来ること、できる面」を探す訓練と、やる気の出し方を頑張って日常化しましょう。

これができれば、成功や目標達成は難しいハードルではありません。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

お得情報発信の【LINE登録】はこちら!

↓↓↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA