プロモーション動画制作専門【ラクラク動画堂】

ビジネスマン必見!人の名前と顔を覚える方法!

初対面の人と名刺交換をするシーンって多いですよね。

 

相手が1人だけなら覚えやすいのですが、懇親会等の場で名刺交換をした場合は大変です!

 

一度に何名もの顔と名前を記憶にインプットしなければいけません。

今回は、ビジネスシーンで役立つ「人の顔と名前を覚える方法」 についてお話します。

 

 

【人の顔と名前を記憶するのは実は難しい】

人の顔と名前を覚えることは、実は非常に難しいものです。

覚えられない!と困っているのはあなただけではありません。

 

なぜ覚えにくいのか?

それは2つの情報を同時に覚えなければいけないからです。

2つの情報とは、「顔=画像情報」と「名前=文字情報」です。

 

 

文字情報である「名前」を覚えること自体が、実はとても難しいことです。

人の「名前」は単なる文字情報であり、記憶に定着しやすい「感情」が含まれません。

そのため、記憶に残りにくいのです。

 

 

【人の顔と名前を覚える方法】

①覚えようとする「意志」を持つ

当たり前のことですが、意外にも何も考えずに人と会ってることが多いものです。

人と会う前には意識して「必ず名前を覚えるぞ」という意志を持ちましょう。

簡単なことですが、記憶のスイッチが入ります。

 

②「感情」を動かす

相手の顔から連想できる「印象」を言語化しましょう。

あなた自身が直感で感じた雰囲気や特徴で構いません。

似ている芸能人や、顔の特徴で十分です。

言語化することにより、記憶の定着を促します。

 

次に、名前からその人のイメージ化を作成しましょう。

例えば「佐藤さん」なら、「甘いお砂糖だな」と勝手に決め付けてOK!

あくまでもあなたが感じるイメージです。

 

そして最後は復習することが大切です。

相手と別れたあと、名刺のメモを見ながら、焼き付けたイメージを再現しましょう。

 

 

人間の記憶と言うものは非常にあいまいです。

エビングハウスの「忘却曲線」と言うものがあり、20分後には42%忘却、1時間後で56%忘却、1日経つと74%忘却し、1ヵ月後には79%忘却してしまうそうです。

 

忘却を防ぐには「反復して再現すること」が最も効果的です。

自分が相手を忘れない努力も必要ですが、相手が自分を忘れないように定期的に連絡は入れるようにしましょう。

あなたを言う存在をしっかりと相手に覚えてもらうために「反復」は重要です。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
集客・マーケティングの疑問・質問受け付け中!
どんな些細な事でもお答えします。
【疑問・質問受付フォーム】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お得情報発信の【LINE登録】はこちら!

↓↓↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA